運動遊び のご紹介!!

2019-05-16

こんにちは。こどもプラス南大塚教室です。

毎日、こどもたちと楽しく運動遊びに取り組んでいます。

さて今日は、ある日の運動メニューをご紹介します。

①アザラシ歩き

②マットでゴロゴロゴロお芋さん

③鉄棒でスズメさん

アザラシ歩きは手だけで体を支え、床を歩き進んでいきます。これは支持力とバランス感覚を養います。5メートルも進むと大人も疲れてきます。恥ずかしながら私は、子供たちに負けてしまいました(笑)

次にマットで2つのお芋コロコロです。

サツマイモは、マットの上に横になり両手を頭の上で合掌し、ピンと肘を伸ばしながらコロコロ転がります。

じゃがいもは体全体をできるだけ丸くしじゃがいものようにコロコロ転がります。

最後にそのコロコロ転がる感覚を大事にしながら、後転に繋げます。

後ろ向きにマットに座り、手のひらを上に向け手の甲を肩に付け後ろ向きにゆっくり倒れます。頭を丸めておへそを見ながら転がり、手のひらがマットに着いたらぐっとマットを押し上げます。マットでは支持力、空間認知力、回転感覚を養います。

最後の鉄棒です。しっかり、手を伸ばして体を反らしながら支え、足はできるだけ伸ばします。バランス感覚、支持力、高所感覚を養います。

上手にできる必要はありません。

なんとなくアザラシの真似っこから始まり、お兄さんお姉さんがやっている姿を見て、「なんか楽しそうだな」と、小さい子が真似を始めます。

マットでなんとなく転がってみることから始め、転がりながら教室を一周する子もいました。そしてマットでなんとなく後転ができそうになったら、「先生!もう一回やりたい!練習したい‼︎」と上手になりたい欲が出てきたようです。照れ臭そうに、職員にそう伝えているお子さまの姿もみられました。

私たちこどもプラスでは、お子様の自然に出てくる「〇〇してみようかな?!〇〇してみたい!!」大事にして、「〇〇したい!!」に繋げます。

そして、「なんとなくできちゃった!」「やったー!!」

の成功体験、満足感、達成感の積み重ねをしっかりサポートできるよう心がけています。

本日も、子ども達それぞれに合わせた

心  と  体  が育つ  支援に取り組んでまいります。

 

 

Copyright© 運動療育センター こどもプラス川越南大塚教室 All Rights Reserved.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。