3月10日(金)の運動遊び☆ 川越市 自動発達支援 放課後等デイサービス

2017-03-10

川越市の児童発達支援、放課後等デイサービス
こどもプラス川越南大塚教室です!

 

いやはや、花粉症の方には本当に辛い時期です。

さて、本日(午後)に行った運動遊びをご紹介いたします。

 

①カエルの足うち
→しゃがんで両手を床につき、足を蹴り上げて後ろでパチンと足打ちをします。足を打つ位置は徐々に高くしていきます。とりあえずは2回が目標です。側転や、跳び箱の練習になります。

②障害物クモ歩き
→クモ歩きはお尻を高くあげて、両手両足で歩きます。体幹や手脚の支持力を鍛えます。これを障害物(棒やカップ等)を避けながら進みます。

③線路ウシガエル
こちらをご覧ください。跳び箱の前段階の遊びです。床の上で、ゼロ段の跳び箱を跳ぶような動きです。最初は手と足の順序を考えながら動いていた子も、何度か繰り返すことで無意識にきちんと動けるようになってきます。

④忍者跳び箱
→忍者をイメージして、跳び箱を跳んだら素早く体を反転させ、もう一度跳びます。連続して素早く跳ぶには、一回跳んだあとに直ぐに次の動作にとりかかる姿勢を作る、そのために着地を安定させる等、様々な要素が必要です。一回跳んだだけで満足してしまい、連続で跳ぶことを忘れてしまう子供たちもいます。一回だけならきれいに跳べる子でも、連続になると上手に跳べない場合もあり、難しい遊びです。

 

 

以上です。

 

 

 

Copyright© 運動療育センター こどもプラス川越南大塚教室 All Rights Reserved.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。