興奮!イジワル縄跳び

2017-01-24

こどもプラス川越南大塚教室です。

今回、ご紹介する運動遊びは最近よく教室でおこなっている「イジワル縄跳び」です。
この運動遊びでは跳躍力を鍛えるだけでなく、集中力の向上、柔軟に思考や行動を切り替えるトレーニングを行うことができます。

☆ やり方 ☆

 
ヒモの末端の片側を固定し、片方は大人が持ちます。

基本的には長縄跳びの要領で大人がヒモを回します。大人はヒモを回す際、回す早さに緩急をつけたり、突然回転を止めたりして「イジワル」をします。

 

 この「イジワル縄跳び」は大人のヒモの回し方次第で、かなり遊びの幅が広がります。この遊びのバリエーションとして、突然ヒモの回転を逆にしてみるのも面白いかと思います。

子どもからしてみると、突然ヒモの回転が止まったり逆になったり、回転のスピードが早くなったり遅くなったり大変です。集中力や、柔軟に思考や行動を切り替えるトレーニングになります。

教室では人気がある遊びで、縄跳びの途中で笑い出してしまう子どもも結構います。

以上です。

Copyright© 運動療育センター こどもプラス川越南大塚教室 All Rights Reserved.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。